発毛のポイントは?ヘアサイクルと頭皮の環境が大事!!


ヘアサイクルを正常に戻す必要がある

人にとって、髪の毛は非常に重要な要素です。他の動物に比べて頭に集中して生えていますが、これは脳を守るためとされています。衝撃などからも守ってくれますし、紫外線や雨などに直接当たらないようにもしてくれます。必要な髪の毛なので通常は抜けてもきちんと生えてくれます。ですから頭を覆う状態を保てます。しかし、何らかの影響で髪の毛がうまく生え変わらない状態が起きます。すると毛が生えて成長して脱毛するヘアサイクルが乱れ、生えたり成長したりする毛が少なくなります。これが薄毛の原因になります。発毛させるためには、まずヘアサイクルを正常に戻す必要があります。ストレスが原因になっていたり、男性ホルモンが影響するなどもあります。

頭皮に栄養分が行くような措置をする

髪の毛は皮膚と同じようにたんぱく質からできています。髪の毛はどんどん伸びますが、それは成長しているためです。髪の毛の根元に毛根があり、そこから栄養分を得て成長するようになっています。毛根には血管があり、そこから栄養分を吸収します。うまく栄養が取り込まれていれば、どんどん髪の毛は成長してくれます。しかし、栄養分が届かない環境になっていると髪の毛は成長できません。成長しないまま抜けてしまうと、薄い状態になってしまいます。発毛のためには、頭皮に栄養分が行くような心掛けが必要です。まずは適度に清潔にしておきます。過度にシャンプーをしないよう気をつけましょう。頭皮に刺激を与えて血行を良くしたりすると、栄養が行きわたりやすくなります。

毛穴の中の毛乳頭や毛母細胞が死滅していれば、発毛治療を行っても髪の毛は生えてきません。そのため、薄毛が気になったら早めの対策が大切です。