一度行えばムダ毛のケアが一生不要になるレーザー脱毛


医療行為に分類されるのはレーザー脱毛だけ

脱毛は大きく分けてレーザー脱毛と光脱毛の2種類がありますが、脱毛の効果が永久に続くことを期待するのであれば、レーザー脱毛を行うべきです。どちらも毛根に影響を与える点では同じですが、光脱毛が一度に複数の毛根に施術をするのに対して、レーザー脱毛は一回に1つの毛根にだけ作用をもたらします。そのため時間がかかり、また痛みも強くなりますが、一度施術を行えば数年経過しても再び毛が生えてくることはありません。

レーザー脱毛は医療行為に分類され、「毛を生えなくする」という治療を行う扱いになります。そのためエステサロンではなく、美容外科だけで行われる施術ですが、何度も光脱毛を繰り返すよりも長期的なコストが安くなる可能性が高くなる施術でもあります。また、医療機関での施術であることから肌トラブルへの対処が早いことも特徴です。

自分でムダ毛を処理しなくて良くなることのメリット

多くの女性はムダ毛のケアを自分で行っています。脱毛クリームや剃刀など人によって方法は様々ですが、ツルツルの状態を維持するには頻繁にケアを行う必要があり、その度に数分、あるいは数十分の時間を消費します。脱毛する時間をかける必要が無くなればそれだけで大きな価値がありますし、肌へのダメージも考える必要がありません。忙しい時も常にムダ毛の無い状態を勝手にキープすることができるのです。

レーザー脱毛は毛周期の関係から施術に比較的長い期間を要しますが、施術が完了すればその後の人生の全てでメリットを享受出来ます。

医療レーザー脱毛はリスクの説明も分かりやすく、エステサロンでの光脱毛と違って少ない回数でツルツルになります。