こんなにあります!目元の美容整形の施術方法を紹介


目元の整形といえば二重

目元の整形といわれてまず浮かぶのは、二重にする方法でしょう。二重にする方法は大きく分けて2つあります。それは、埋没法と切開法です。埋没法はいわゆるプチ整形の1種で、メスを使わずに糸を使って行う整形です。半永久的な効果は得られませんが、ダウンタイム期間(腫れや痛みが生じる期間のこと)が短く、料金も安いので人気な施術方法です。まぶたの脂肪や皮膚が薄い人には効果的ですが、脂肪や皮膚が厚いと二重にならなかったり、すぐに取れることがあります。

切開法はメスを使って行う整形なので、半永久的に効果が持続します。まぶたの脂肪や皮膚が厚い人でも、しっかりと二重を作ることが可能です。また、末広がりの二重にも平行二重にもすることが出来るので、メスを使う切開法はデザインの幅が広いのが特徴です。

目頭や目尻を切開!デザインの幅が広がります

目元の整形は、埋没法や切開法で二重にするだけではありません。目頭や目尻を切開する方法もあるのです。目頭切開は、目が離れている人に効果的な方法です。目が離れている人は目頭に蒙古ひだが被さっているため、蒙古ひだを切開することで目が寄って見えます。目尻切開は目が寄っている人や、キリっとした目元になりたい人に効果的な施術方法です。目尻が上がっている人は下向きに切開すると、目尻が下がり優しい印象になります。

目頭と目尻のどちらを切開しても、目の横幅を広げることが出来るため目を大きく見せることが可能です。二重の施術と組み合わせることで、デザインの幅がより広がります。

膣縮小手術は主に産婦人科で行われる手術です。この手術を行うことにより膣の緩みをなくし性交痛やパートナーへの満足度の向上等が期待できます。